景気敏感が上がるのは?

N225:21.503円 (+378円 )
資産変動額: -21.994円 (-0.06%) 
株現物買い:信用買い:現金(CP):売り:ゴールド = 13.1%:0.0%:71.6%:3.1%:12.2%


よくわからないです。景気後退が近いのにこの株価水準でしかも景気敏感株が買われるなんて。


私の頭の中には、「景気後退 → 7.000円」のイメージがあります。2003年、2009年と過去2回、日本経済が大底の時にはいずれもN225が7.000円まで下がったのでした。

7.000円は極端としても今の株価が2016年の中国ショックの頃の15.000円でもおかしくないように思います。日銀が数年にわたって買い支えているので、N225だけが維持されている不自然な株価形成なのでしょうか?

 

12日の騰落レシオ:東証1部:102%、東証2部:101%、JQS:100%、JQG:90%、マザーズ:94%  新高値29銘柄、新安値17銘柄


HOLDは、
・買Sは下落、
・買Gは上昇、
・買Kは上昇、
・買Fは上昇、
・N225WIN(1357)は下落、でした。

WEBゲーム関連のGを買いました。人気化して出来高が大きく膨らみました。さらにKを買いましたがまだ中途半端な株数です。数年ぶりにFを買いました。前回は確か大損したはずです。今回は底値買いのつもりです。

ゴールドは+3円でした。

 

www9.plala.or.jp

 

”watching”33銘柄の動き

三菱UFJフィナンシャル569 +8
東洋合成工業1,478 +54
和井田製作所1,237 +39
日機装1,285 +21
ズーム1,712 +4
メイコー1,695 +2
精工技研2,314 -33
リーダー電子1,049 +110
三社電機製作所913 +15
フェローテック937 +25
ラクーン698 +4
ネオス908 +3
ブレインパッド5,410 +160
エンカレッジ・テクノロジ1,107 +34
セレス1,996 +63
ULSグループ1,870 +42
システムインテグレータ658 +2
ラック1,459 +49
エイトレッド1,251 -2
アイ・ピー・エス969 +12
オリコン672 +7
レントラックス750 +23
富士ソフトサービスビューロ496 +15
レーサム1,075 +13
アイエックス・ナレッジ929 -8
JBCC1,508 +12
ケミプロ化成175 -2
ヒーハイスト精工347 +10
放電精密加工研究所1,179 -7
パルステック工業2,650 +2
日本タングステン2,454 -21
CYBERDYNE700 +32
タカノ841 +13